日本橋の賃貸事務所の特徴

日本橋エリアの特徴

東京駅や八重洲、丸の内、日本橋など、多くのオフィスが集まる中央区。中でも日本橋は、江戸時代から商店などが栄えていた歴史あるビジネスエリアといえます。

日本橋エリアの中心となるのは、東京メトロ銀座線や東西線、都営地下鉄浅草線などが乗り入れる日本橋駅ですが、駅周辺には三越や高島屋などの老舗百貨店などが軒を連ね、ビジネスマン意外にも買い物客などでにぎわっています。

老舗百貨店はもちろんですが、老舗企業の本店の建物なども多いので、比較的古い、歴史が感じられる物件が目立ちます。
そのため、街全体が落ち着いた風格あるビジネス街といった印象を漂わせています。

その一方で、日本橋エリアには、COREDO日本橋として知られる日本橋一丁目三井ビルディングのような、最先端の超高層ビルも建設されており、新旧入り混じった形での街の進化も続いています。

歴史あふれる老舗ビルと、最先端の高層ビルが共存する景色はユニークですが、今後は防災の観点から老朽化したビルは建て替えが進むと考えられます。

そのため、これから先は徐々に新築オフィスビルなど新築の日本橋の賃貸事務所数が増加することでしょう。
特に東京オリンピックの開催に向け、最近は急ピッチでさまざまな工事が進められているようです。

 

さまざまな賃貸事務所

ちなみに日本橋の賃貸事務所には、さまざまな企業や業種が集まっているといわれています。

そのため、賃貸事務所物件も顧客の要望に合わせた多様なタイプ、賃料などでやり取りされているようです。

日本橋エリアは、日本橋駅はもちろんですが、少し歩けば東京駅や三越前駅、京橋駅なども利用できることが多いので、交通の便もよく、また「日本橋」というネームバリューも相当なものがあります。

そのため、オフィスの賃料相場は他エリアに比べるとやや高めのことが多いのですが、今後もどんどん再開発が進んで街が進化していくことを考えると、決して高すぎるということはないように思われます。